学歴を武器に!専門学校卒の私が大学院進学を目指した理由

学歴を武器に!専門学校卒の私が大学院進学を目指した理由

今回は、大学院進学を目指した理由についてお話します。

 

こんな人におすすめ
進学を目指している方

なぜ学歴を求めたのか?

 

私自身、今の仕事を始めてから早10数年。

立場的にも中堅どころとなり、いろいろと責任のある仕事を任せてもらっています。

このまま順調に行けば、もしかしたら昇進もあるのかも知れません。
別に学歴をいまさら求める必要はないかもしれません。

ただ

 

どうしても欲しい

どうしても学歴が欲しい

 

私自身専門卒なので学歴コンプレックスが無いとは言えません。

 

下のtweetが私の気持ちを代弁してくれています。

高学歴のお笑いコンビのロザンの一言。

学歴は間違いなく武器になる。

学歴だけであなたの言葉の説得力が変わる。

 

学歴はこれだけ頑張ったと言えるひとつの指標。

「学歴」という武器を持たないで、今の時代を生き抜いていくのは非常に難しく思えます。

武器を持って仕事の枠から飛び出せ!

 

私の上司の話をします。

職場の仕事だけでなく、外に目を向け全力で注力しています。

仕事以外の活動に積極的にしているために、各所に人脈を持ち、講演依頼などが後を絶たない。

また、非常勤講師としても教育にも従事されている。

1個人の「価値」としたら相当ではないかと思います。

何が良くて何が悪いのかは、人それぞれの考え方によりますが、雇用の身でここまで自己を表現できる上司を見ると、ある意味将来のお手本が目の前にあるのかなと。

 

それに比べてこんな方に対してどう思うでしょうか?

職場から1歩出たらただの人

職場では非常に有名で人気であっても、1歩外に出たら全くの無名。

勉強会に行っても、セミナーに行っても誰も知らない。

 

そんな風にはなりたくない。

ところが、上司はどちらのフィールドにおいても有名。

この姿には、正直憧れるし嫉妬する。

1人間として、1個人としての価値が高い証拠なのではないかと考えます。

大学院への進学は、その一環でもあります。

 

「一個人としての力量を向上させたい。」

それに尽きます。

まだ見ぬ環境にワクワクが止まらない!

 

先日行ってきた「大学院進学説明会」

事前に教授とアポを取っていたので、緊張することなく話が出来ました。
が、ここであることに驚きました。

同じく進学を希望する学生や社会人の方の熱量が半端ない!

ひとりだけピックアップしていますが、だいたい皆さんこんな感じのことを話してました。

 

私も将来のことを少しは考えていたつもりでした。
でも、ヌルかった!非常にヌルかった!

 

学生はもちろん、社会人が自ら進んで学びに行くという姿勢のすごさを、改めて感じ取ることができました。

学ぶ環境があり、お互いが刺激し合える環境があるというのは、望んでもなかなか出会えるチャンスがない。

そういった環境で自己を高められると思うと、ワクワクがとまりません。

 

ちなみに、実の父に報告した際のリアクションはこんなんでした(笑)。

最後に

 

今回は「大学院進学をなぜ目指したのか?」についてお話しました。

普段の生活においても、気にしなければ学歴なんて必要ないのかもしれません。

ただ、私自身研究手法や論文の書き方、統計などまだまだ未熟な点が多くあります。

現場では得られない、学術的な分野の成長に非常に期待に胸をふくらませています。

どうやれば、一歩前進するのか?一歩前進した先には何が見えるのか?

学位を取得するという本質や意義を、これから見いだせたら幸いです。

 

おわり!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter
SHARE